coming

Always on the Home Row

効率の良いタイピングをするには、常に指をホームローで維持します。それは、人差し指がFとJキーを離れる事ができません。普通のキーボードはカーソルキーを使用する時、ホームローを離れなければなりません。それは非効率で、不便です。

Miniguruにはエディティングキーが渦キーを押す事によって使用でしるセカンドレイヤーにあります。早い、便利。渦キーを押すとセカンドレイヤーのキーが利用できる。エンターとエディティングキーの間隔はたったキーひとつ分です。

マウスを使用する時、あなたの指はホームローから離れてしまいます。その場合、ポインティングスティックがとても便利です。ポインティングスティックのマウスボタンはスペースの手前にあります。そのボタンは親指で押します。

homerow


Programmable Layout

スタンダードレイアウトはほとんどの方には問題ありませんが、レイアウトを変更する事ができます。不変的にMiniguruのファームウェアに保存する事ができます。オリジナルのレイアウトはキーボードが他のPCでもすぐに利用することが出来ます。その他のドライバーは必要ございません。

オリジナルレイアウトはguru-board.com.で共有する事が出来ます。レイアウトをダウンロードしたら、お好みのレイヤーを選んでお持ちのキーボードのレイヤーとして使う事が出来ます。

複雑だと思いますか?ほとんどのレイアウト変更はすでにあるレイアウトを少し変えるだけです。例えば、スピーカーの音量調節、または繰り返し使うフレーズです。

programmer


Configurator

キーボードはPCユーザーとPCの間のメインインターフェイスです。新しいPCを購入しても良いキーボードは永遠に使う事が出来ます。

人はそれぞれ別の物が必要です。キーボードはそれに順応しなければなりません。特に、長く使っている物には重要な事です。

ボディ、キーキャップ、スティックカラー、スイッチタイプ、レイアウト、キーキャップ言語、またはポインティングスティックのありなしを選んでください。
プレビューコンフィギュレーターはカラーとスティックを表示する事が出来ます。是非、使ってみてください。

configurator


Tiny Footprint

Miniguruの大きさは普通のキーボードのアルファのサイズを超えていません。それは色々なメリットがあります。

例えば、机のスペースです。スペースが大きく取れれば、キーボードを好きな位置に動かす事ができます。それに伴って、それぞれの座り方に合わせる事が出来ます。旅行の時も持ち運びが簡単です。ノートPCのキーボードの上に設置して使う事も出来ます。
最新のノートPCはどんどん小さくなっています。そういったPCのスタンダードキーピッチは約19mmもありません。

configurator


Large Feet

ノートPCに別のキーボードを設置して使う時、足が小さいのは問題です。なぜならば、キーボードの足がノートPCのキーの間に入ってしまい、グラグラと動くからからです。その為に、Miniguruのキーボードの足は大きくしました。

右側の絵はデザインプロトタイプです。ファイナルバージョンは現在見えるランダムなネジを改善し、中央の足はおそらくなくなります。

configurator


USB Hub Included

設置されているUSBハブは他のUSBデバイス、例えばメモリースティック、デジタルカメラ等接続する事が出来ます。

USBハブはフルパワーが必要なら、その為にコンセントプラグを送付します。FAQを参照してください。

キーボードとPCはミニUSBプラグで接続されています。